a

ねんねの壁・新生児編 おやすみたまご実際どう?

おやすみたまごで眠る新生児子育ての壁
おやすみたまごで赤ちゃんぐっすり寝んね

赤ちゃんって一日のほとんどを寝て過ごしている。母子手帳や育児雑誌・育児サイトを読むと、ねんね期ってそんなに大変じゃないように思えてしまいます。でも、そんなに楽じゃない!文字で見る印象と、実際のねんね期のしんどさはかなりかけ離れていませんか。転がしておけば寝る!という子だったお母さん、それはもう素晴らしく親孝行な赤ちゃんですよ。(力説するこけ子です。)

授乳と寝るの繰り返しで過ぎる新生児期

こけ子は実家で里帰り出産派でした。35週の妊婦健診から地元の産婦人科へ通い、1か月検診が済んでから当時暮らしていた首都圏へ戻る計画。実家といえども、実父母は働いているし、実質ワンオペ育児に近かったわけで。(その話は長くなるのでまた別の機会に)

こけ子は限りなく完母(母乳育児)寄りの混合でスタートしました。おっぱいを上げ終わると寝るので、寝つきの悪い赤ちゃんではなかったのですが、抱っこから降ろして、さあ私も寝ようとウトウトすると大抵30分後には息子が泣いて起きていました。

おしっこも出てないし、え?もうおなかすいたの?なに?おっぱいじゃない?なんでー?そして眠いー!!寝たいよー!!( ノД`)

当時は赤ちゃんとの暮らしもスタートしたばかりで、毎回のように授乳後起きて泣かれる理由がわからなくて途方に暮れていました。今思えば、実家のせんべい布団に息子を抱っこから降ろして寝かせたときに背中スイッチが入っていたのでしょう。

おやすみたまごで赤ちゃんを起こさず寝かせる

新生児の寝床としてこけ子が購入しました。背中スイッチに泣かされるのは赤ちゃんだけじゃない!寝不足のお母さんも泣きたい!いや、実際泣いてたこけ子です!

そんな時に助けてくれたのが「おやすみたまご」でした。多分『赤ちゃん すぐ 起きる』とかグーグル検索してたら見つけた商品です。

おやすみたまごの使い方・特徴

そもそも、背中スイッチとは何かといいますと、お母さんのお腹の中で育つあいだ、赤ちゃんは背中を丸くした姿勢で過ごしています。平らなベッドや布団におろされた時、背骨がピーンとなるので赤ちゃんはスイッチが入ったように起きる(泣き出す)のです。「おやすみたまご」は赤ちゃんの背骨をCカーブのままで寝かせられるのです。

抱っこで授乳→寝る→おろす→泣く←お母さんも寝れない泣くの負のスパイラルループから解放されます。(すべての赤ちゃんにあてはまるわけではないと思いますが)

大学病院の(小児科にて小児用ベッド・レントゲン室の乳児撮影用ベッド)・助産院・保育所・自治体保健センターなどでも導入されているとのこと。

授乳クッションとしても使える

「おやすみたまご」は、ベビーベッド(布団?)としてはもちろんですが、授乳クッションとしても使えます。授乳クッションとしても使うには、母乳の場合は飲ませる姿勢やお母さんとベビーの体格などによっては向いてないこともあると思います。こけ子は比較的小柄で、息子はけっこう大き目ベビーだったので横抱きで授乳はキツイなあと感じました。哺乳瓶でミルクの場合はゆったり座れば、クッションごと膝に抱え赤ちゃんに授乳できます。

背中がカーブしたまま寝かせるので背中スイッチはオフ

前述のとおり、授乳から「おやすみたまご」を使えば「抱っこからおろす」作業が皆無なので、背中スイッチどころかほとんどノー移動で就寝へ移行できます。

こけ子は母乳の時は抱っこでしたので、息子を「おやすみたまご」に移動させる動作があったのですが、ビーズクッション部分に自分の腕をむぎゅむぎゅと埋めて、赤ちゃんの首とおしりにそって腕を抜くと背中スイッチの発動を抑えられました。

夏のおやすみたまごに便利な追加アイテム

「おやすみたまご」実は暑い季節の赤ちゃんには蒸れが心配です。赤ちゃん自身、体温が高く汗の量が多くて、ビーズで密着度が高めの設計のためか、汗でびちょびちょになりやすいです。関東の6月ぐらいで使用した時はおしっこもれた?と思うほどで、即NEWエアメッシュを追加購入しました。メッシュにバスタオルを挟むとさらに良しです。逆に冬生まれの新生児はあったかくていいのかもですね。

おやすみたまごをお得!に買う裏技

「おやすみたまご」どこで買うか?こけ子はもともと楽天市場のユーザー歴15年以上ゆるゆるポイ活していたので、もちろん楽天で探したタイプです。5のつく日や0のつく日を狙えばポイント5倍は必ず獲得できます。スーパーセールやお買い物ラリーなどのイベントも頻繁なのでそこに合わせてもいいですね。

こけ子は最終的には兵庫県小野市の「ふるさと納税」で返礼品としてゲットしました。

収入にもよりますが、こけ子の所得の場合ですと、30,000円程度の寄付額なら、翌年の税金で所得税等が軽減されて実質2,000円で手に入れられるのです。(あくまで目安)

世帯の収入によっては寄付金額を上げて、おやすみたまごプラスアルファの返礼品にしてもよいかもしれません。

節税対策にもなっておまけに楽天ポイントもかなりたまるので1石3鳥!とも言えます。ふるさと納税を検討しているお母さん・お父さんにはぜひおすすめの方法ですのでお試しくださいね。

スカガワこけ子の子育ておすすめアイテム楽天ROOM
こけ子の楽天ROOMコレクションへ

わたしの子育てにおすすめなグッズ

タイトルとURLをコピーしました