a

こいのぼりも泳ぐ釈迦堂川の春

川の風に泳ぐこいのぼり年中行事

須賀川の春は季節の花と空に連なるこいのぼり

須賀川市内には阿武隈川と釈迦堂川のふたつの大きな川が流れています。

須賀には砂州を(水辺たまる砂の堆積地)をさす意味もあるそうで、川のまち須賀川は川沿いの風景も名物のひとつ。

犬の散歩や、ジョギングの定番コース、釈迦堂川ふれあいロードは河川敷の両岸・約2kmに約350本の桜並木がうえられ、桜の開花にあわせて「さくらまつり」も開催されます。ことしは開花がとても早く、さくらまつりも一週間早まるほどでした。

釈迦堂川「こいのぼり掲揚事業」は昭和62年から子どもたちの健やかな成長と伝統文化継承のため、桜の時期から5月の連休にあわせて行われています。

釈迦堂川ふれあいロードの花壇に咲くチューリップ
チューリップ越しにこいのぼり

2020年は新型コロナ感染症の影響で中止になり、こけ子にとっては移住して初の小泉のぼりです。去年はお祭りもイベントもほぼ全て中止でしたので。

川面にうつる鯉のぼりの影
釈迦堂川にうつるこいのぼりの影

空に泳ぐ鯉のぼりの姿も格好いいのですけれど、川面に映る影たちもいいんですよ。本当に泳いでいるような。巨大鯉の魚影。いきいきしています。(たぶん)

こいのぼりを寄付して参加できるイベント

釈迦堂川ふれあいロードに掲揚されたこいのぼり
2021年のこいのぼりは少なめ

約350匹のこいのぼりと、気持ち少な目に掲揚されています。過去のニュースなどでは450から500匹の時もあるようなので。

掲揚しているものはなんと全て寄附された鯉のぼり。

釈迦堂川の強い風にさらされて、1~2年で破れて使えなくなってしまいます。子どもが大きくなって使わなくなった鯉のぼりを寄附することでも参加できるんですね。

寄贈できる鯉のぼりポリエステルなど化学繊維製に限るとのこと。
 

鯉のぼり寄贈方法

市役所、または最寄りの公民館に持参することができます。受付は土日祝日

  • 須賀川市役所生涯学習スポーツ課
  • 東公民館
  • 西袋公民館
  • 稲田公民館
  • 小塩江公民館
  • 仁井田公民館
  • 大東公民館
  • 長沼公民館
  • 岩瀬公民館

遠方からの場合は市役所の生涯スポーツ課へ元払いで配送することもできます。

ご家庭で眠っている鯉のぼりをお持ちの方!ぜひ寄付してみてはいかがでしょうか。



タイトルとURLをコピーしました