a

みんなちがってみんないいを実現するために

サクラのブルーライトアップイベントで自閉症への理解をひろめたい子育ての壁

自閉症って知っていますか?文字から受ける印象のせいか発語がないとか、極端にコミュニケーションが取れない障害のように勘違いしてしまいませんか?

実際にはその特性はさまざまで、重さ軽さの度合いを含めるとひとことに「こういう人がそうなんだ」というのは難しいんです。

2005年に発達障害者支援法が施行されたことや、自閉症を判断する基準が変わったため、発達障がいや自閉スペクトラム症の子どもは増えていて、実に子どもの50~100人にひとりの割合で診断されているそうです。とくに男の子は女の子の数倍になり、ちょっとわんぱくだったり、カンが強いみたいなタイプの子はかなり当てはまりがち。

これほど多くのひとが、抱える悩みなのに、当事者以外のひとにはあまり知られていません。

4月2日の「世界自閉症啓発デー」、そして日本で4月2日~8日の1週間に設けられている「発達障害啓発週間」を通じて少しでも「みんなちがってみんないい」と思えるきっかけにしてもらえたらと思います。

4月2日世界自閉症啓発デーとは

 国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。

 わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。

 具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=165

セサミストリートもこのキャンペーンに協力していて、啓発ポスターには自閉症の特性を持つオリジナルのキャラクタージュリアちゃんが登場しています。

世界自閉症啓発デー・日本実行委員会の公式サイトではジュリアのお願いシートなどのパンフレットもダウンロードして活用できます。

今回ご縁があって、発達障がい児・凸凹発達児子育てサポートLinoさんのポスター制作に協力させていただきました。Linoさん自閉症や、発達障がいのあるお子様とママの孤立解消を目的に、福島県郡山市で活動しています。

郡山市でもブルーライトアップ初開催

郡山市でも、この春はじめて世界自閉症啓発デーに合わせた桜のブルーライトアップが開催されます!開成山公園とJR舞木駅で通常の夜桜ライトアップに加えて青い夜桜を見ることができますよ!

Instagramの専用アカウント @liub.koriyamaではフォトシェア企画も開催されます。ハッシュタグ #liub郡山 を付けて写真を投稿するだけと、とっても簡単!

お花見しながら、気軽に参加できるのでフォロー&投稿してみてくださいね。

桜ブルーライトアップイベント 開成山公園の開催概要

  • 場所 開成山公園 郡山市開成 1-5
  • 期間 4月2日(土)〜4月24日(日)4月2日は18:30〜点灯式
  • 時間 17:00〜22:00

桜ブルーライトアップイベント JR舞木駅の開催概要

  • 舞木駅前 郡山市舞木町平189-2
  • 期間 4月6日(水)〜4月8日(金)※通常ライトアップは4月6日(水)〜4月16日
  • 時間  18:30〜20:30

自閉症の理解を広める応援メッセージ

ふつうに子育てしていても孤独を感じるのに、自閉症や発達障がいを抱えての育児はより一層孤立しやすい。そんなおやこにエールを送るフォトメッセージ企画もLinoの公式アカウント@lino.happysmileで開催中です。

Sakuramochiさんが歌うテーマソングの「ことほぎ」は開成山公園の点灯式でも流れるとか♪桜咲くのサビがとっても素敵な歌。かわいい振り付け動画もあるので要チェックです。

心にゆとりをもって、自分にも人にも優しく。オープンマインド。そんな世の中になればいいな。この頃の世界をみているとそう思います。